EC-CUBEのカスタマイズでecサイトを充実させよう

効果的に発信する

メール

メルマガ配信では、コストをかけずに顧客へダイレクトに情報を届けることができます。定期的に届けられる情報が充実していれば、自社のブランディングにも貢献するはずです。

More Detail

独自の機能に注目

PC

EFOを導入する際は、注目したいポイントがいくつかあります。まずは、機能が重要です。業者によっては、さまざまなオリジナルの機能があるため、それぞれ特徴を踏まえた上で検討するべきです。

More Detail

プランを検討しよう

オフィス

不動産業者のホームページ制作に大切なこととは何でしょうか。見やすいデザインと、わかりやすい操作性が重要になります。専門業者であれば、SEO対策も含めて効果的なホームページ制作を依頼することができるはずです。

More Detail

低コストで制作できる

パソコンを操作する人

コストをかけずに、機能性の高いecサイトを制作したい場合は、EC-CUBEのカスタマイズがメリットが大きいといわれています。APS型サービスでも制作にかかる予算は低いといわれていますが、デザインや機能の面を鑑みると、あまりメリットが高いといえません。オリジナルで開発をすれば、デザインや機能も好きなようにカスタマイズできますが、予算とのバランスを考えると現実的ではないでしょう。EC-CUBEのカスタマイズであれば、状況に合わせて臨機応変に機能を追加したり、自由に組み替えることができます。しかも低予算で行うことができるのです。EC-CUBEのカスタマイズ例をみていきましょう。まずは、決済機能を強化することができます。また、SEO、リスティングと連動することも可能です。さらに、ポイント機能を付けることで、新しい顧客の獲得や既存の顧客の活性化に繋げることができます。EC-CUBEのカスタマイズとして選ばれている事例は、このポイントに有効期限を設けることです。最終購入日から1年や2年といったポイントの有効期限を設定することで、より購買意欲をアップさせることができます。ポイントの有効期限は、好きな期間に設定することができるので、自社の戦略に合わせて最適な期限を設定しましょう。他にも、販売価格を2種類設けるのも、効果的な事例として挙げられます。通常価格と、会員価格に差があることで、未登録のユーザーを会員登録へとスムーズに誘導することができるのです。さらに、会員の中でも一般会員から購入回数に応じてランク分けをすることで、より購買意欲を促進させることもできるといえます。